【プリザーブドフラワー】20歳のお祝いに贈った和のアレンジメント*振袖の柄をモチーフに

娘さんの20歳のお祝い&記念に、お母さまからオーダーいただきました。
振袖の着物の色に合わせたアレンジメントを、娘さん本人と、おばあちゃん2人に贈りたい、とお話しくださいました。
ステキなお母さま、ステキなご家族に関わることができて、嬉しいかぎりです。

その着物がこちら↓

和の雰囲気で、、、華やかで、、、特別感があって、、、と花材を探していたところ、、、

白いクチナシの花(プリザーブドフラワー)と出会いました!

花びらが大きくて、華やか!品がある!美しい!
ひとめぼれでした!!!

1つ気になったのが、縁起が悪いと聞いたことがあったこと、、、
調べてみると、日本では、嫁にもらうくちなし とか、口無し とか、クチナシという名前から縁起が悪いとされているらしい。
でも、花言葉は「優雅」「とても幸せです」「洗練」
純白の花の美しさから「天使が地上に持ってきた花」と言われ、とても縁起のいい花として扱われているそう。

であれば、クチナシのお花そのものの美しさをアレンジメントに取り入れたいと思い、メインに使いました。

和柄は、赤、青、黄といった原色がよく似合います。
ただ、これらの色は主張が強い!
それをうまくまとめてくれたのが、紺色のアジサイでした。
着物が紺色だったので、それに沿って選んだだけなのですが、紺色が和の雰囲気を際立たせてくれたように思います。

そして、このアレンジメント一番の特徴は、なんといっても黒のストライプのリボンです。

振袖の半衿って言うんですか?襟の部分を見て驚きました!今は、こんなオシャレな合わせ方をするんですね!
聞くところによると、レース柄、フリル付き、レトロな柄など、いろいろあるそうで、半衿を変えるだけで、印象が変わるとのこと。
なるほど、顔まわりだから、印象が変わるのも納得です。

そんなわけで、黒のストライプのリボンは外せませんでした。
アレンジメントをぐっとひきしめてくれて、和+モダンなアレンジメントが完成しました。

こちらのハーバリウムも、振袖がモチーフです。
四角いビンで、透明感を重視しました。
着物を着たときのピシッ、キリッとした気持ち。冬の、冷たいけど爽やかな空気。冬の晴れた空。
そんなイメージも伝わると嬉しいです。

 

大切な娘さんのお祝いに、いちhanaを選んでくださり、ありがとうございました。

 

_____

想いを届け 想いを残す

大切な方への想いをお聞かせください。
お花とともに想いを残すアレンジメントをお届けします。

関連記事

  1. 【オーダー】お母さんの誕生日に
  2. 【お花を贈ろう】”枯れないお花“プリザーブドフラワーの魅力 *5…
  3. ご自宅のプリザーブドフラワー、リメイクしませんか?
  4. “枯れないお花“は夏のお供え花にぴったり!いつもきれいなお花をお…
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
PAGE TOP