【お花を贈ろう】”枯れないお花“プリザーブドフラワーの魅力 *5月は母の月*

5月10日は、母の日🌹

ですが、今年は

5月が「母の月」です😊

 

お花屋さんや、配送業者さんの
一点集中を防ぐためです。

外出自粛で、ご家族と会えない方もいらっしゃると思いますが、
「母の月」を1つのきっかけに
ご家族に、いつもより想いをはせて、

お花に想いをたくして
プレゼントできるといいですね😊

 

 

さて、お花といってもいろいろあって🌸

その中でも、
枯れないお花と言われる

プリザーブドフラワー

アーティフィシャルフラワー

ドライフラワー

それぞれの魅力について
☘いちhana☘目線でお伝えします😊

 

 

今回は

プリザーブドフラワー特集

☘いちhana☘が一番得意としています😆

 

🌸魅力🌸

プリザーブドフラワーは、もともと生花です。

なので、
生花そのもののやわらかい質感
が楽しめます✨

 

さらに、
豊富なカラーバリエーション

一言で「ピンク」といってもいろんなピンクがあるんですけど、
生花にはない色もできちゃいます❣️

チョコ色🧡カフェオレ色🧡

こんなシックな色もあります💙

お花の種類もいろいろ❣️

ローズ、オールドローズ、ガーベラ、カーネーション、
アジサイ、かすみそう、デンファレ、マム…

特別感まんさいの贈り物になること、
まちがいなしです😊

 

 

ここで、プリザの
⚠️注意点⚠️

 

①とにかく繊細
少しの衝撃でつぶれてしまったり…😢

なので、

ケースに入れて飾ることをおすすめします🌸

☘いちhana☘のおすすめとしては、

最初はケースに入れて飾る。
だんだんケースも汚れてしまう
(ほこりをとって、こまめに掃除してても)
ので、
そうなったらケースを外して楽しむ。

ケース越しと、リアルの
2回楽しめます😊

 

②直射日光に弱い

プリザーブドフラワーは、永遠にそのままということではなく、
だんだん色あせていきます。

これ、普通。

ですが、紫外線に弱いので、
日光のあたる場所に置くと、

寿命が短くなります😭

生花とは違います。
お気をつけください。

 

③お花の種類が少なめ

プリザになっているお花はたくさんあるんですけど、
生花やアーティフィシャルに比べると少ないです。

「このお花を入れてアレンジメントを作ってほしい」
といったご要望に
プリザーブドだけではお応えできないことがあります💧

 

なので、☘いちhana☘では、

アーティフィシャルフラワーとの組み合わせ

で作っています🌸

例えば、こちらは、

白のアネモネや、青い実、アネモネの下から見えるグリーンのアジサイは
アーティフィシャルです。

残りのバラとかすみそうがプリザーブド。

こんなふうに組み合わせることで、
アレンジメントのバリエーションを増やしています😊

アーティフィシャルのお花は種類がめちゃくちゃ多いので、
ご希望にそえると思います🌸

 

 

プリザを身近に感じる人はまだまだ少ないかもしれませんが、

気をつけるポイントを知っていれば大丈夫です😊

お手入れ不要で、
長い期間、楽しんでいただけます🌸

 

 

でもね…

プリザーブドってお高いんでしょ?

そう言われることがよくあります😞

 

もともと生花で、手を加えて
キレイなプリザーブドが作られているので、
「高い」の部類に入ると思います。

ですが、

 

考え方次第なんですけど、

だからこその特別感

だったり、

小さいサイズのものを
気軽に飾ってもらう

だったり、

プリザだからこその魅力
大切な方に贈ってもらいたいです😊

 

 

読んでくださり、ありがとうございました❣️

プリザに興味をもってくださった方は
【お問い合わせ】からよろしくお願いします😊

 

次回は、アート、ドライの魅力について💗

 

お問い合わせはこちらから↓

LINE始めました!
登録はこちらから↓

*いちhana*

関連記事

  1. 好きなお花・フレンチマリアンヌ
  2. 【特集】お祝いに花をそえる*コサージュ*
  3. 生花は枯れてしまう…だから「写真」に残しましょう!
  4. 【お花を贈ろう】アーティフィシャル、ドライ それぞれの魅力 *5…
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP